toyonakasyunsei’s diary

神秘・オカルト・超常現象・宇宙

PPAPがなぜ流行したのか?

こんにちは!しゅんせいです。

今日の出来事といえば投票しに行ったことぐらいですかね。基本休日は家でゴロゴロしていることが多いので久しぶりに少し出かけました!

今は基本的には大学に行きつつもバイトとブログをしているのが日常です。バイトは塾講をしています。特にこの時期は受験生にとっては一番大事な時期ですので悔いのないように頑張てほしいものです。

 

さて、今日の内容はなぜPPAPがあれほどに流行したのか?それについて書いていこうと思います。

 

 

http://avex.jp/pikotaro/sns.jpg

http://avex.jp/pikotaro/sns.jpghttp://avex.jp/pikotaro/sns.jpgより引用

 

日本だけではなく海外にまで浸透していたPPAP。もともと海外進出したきっかけとしてはあの超有名歌手ジャスティンビーバーが自身のTwitterに載せたことから始まりました。

実はこれほどまでにPPAPが流行したことには訳がありました。

これには様々な説がありますがその根底には集団心理というものが働いています。

 

挙げられている主な説として独特なリズム、覚えやすい英語、ピコ太郎自身のキャラクターなどではないのかといわれていますが私自身それ以上にジャスティンビーバーが取り上げたことが一番の理由だと思います。

では、ここで働いた集団心理とは何なのか?

それは、周りの人々が今話題の、今人気のなどと騒ぎ立てることによってならば自分もという具合に周囲の意見に合わせてしまうというもの。

特に日本人が陥りやすいものです。

これはPPAPに限った話ではありませんがこのように集団心理を駆使したやり方は様々な場所で使われています。

それを説明する動画が出ておりますので時間がある方は是非ご覧ください。

youtu.be

与国秀行より引用

いかがでしたでしょうか。

今回この記事を通してお伝えしたかったことはppapが流行った理由もそうですが自分の意志をしっかりと持ち周囲の意見に流されすぎるな。ということです。

これは私自身にも言えることですが今後生きてくうえで自分の頭で考え意見をしっかり持つことは非常に重要なことだと思いました。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

読者登録していただいた方には私からも読者登録いたしますのでよろしければお願いいたします。

_____________________________________________________________________________________________________ jQuery